30代会社員・藤子の行った、買った、考えた!

妻子あり、藤子不二雄作品が大好きな30代サラリーマンの日常をちょっと豊かにするブログです。

大阪のかき氷専門店「がるる氷」に行ってきた!待ち時間・感想


スポンサードリンク


こんにちは、藤子です。皆さんかき氷は好きですか?ここ数年、かき氷のバージョンアップが進み、ジュレ系のソースやエスプーマ系のかき氷が美味しいお店がどんどん出てきました。今回は大阪市北区中崎町駅からすぐ近くにある「がるる氷」に行ってきました。妻が以前1人で行って美味しかったとのことで去年の暮れに1回行ったんですが(寒い中クリスマスの時期だった)、あらためて先日暑い中行ってみました。やはりかき氷は暑い夏こそって感じですね!

中崎商店街の中にあるかき氷専門店「がるる氷」

地下鉄谷町線中崎町駅から歩いてすぐ(中崎商店街のなか)のところにかき氷専門店「がるる氷」があります。

IMG_20170909_161535

大阪界隈ではかなりの人気を誇っているお店で、吹田市千里山で人気のカフェ「ガルル珈琲」の姉妹店として2016年4月にオープンされて、大阪では珍しいかき氷専門店だったとのこと。

グランフロントのアイスモンスター大阪店も2016年3月にオープンしており、去年は大阪市のかき氷業界にとって大きな風雲児となるお店が2つも誕生したことになりますね。そしてがるる氷はなんと今年の7月に高知県にもオープンしたそうです。

お店でロゴを見るまで「がるるごおり」と読むと思ってましたが「Ko-Ri」すなわち「がるるこおり(こーり?)」とのこと。

16時で6人行列、待ち時間10分ちょっと

16時ごろ行ったのですがお店の前には3組6人くらいの行列ができていて、10分ちょっと待ちました。かき氷なので放っておいたら溶けますし、そこそこ回転は速いような気がします。妻&抱っこ紐で子どもも一緒にいたのですが子供も特にぐずらずで良かったです。

並んでいると後ろにも徐々に人が並んできて、僕たちが入店する頃には後ろにまた5,6人並んでいるようでした。1人で訪れているお客さんもちらほら見えました。

店内はカウンターとテーブルで17席、スタッフは2名

テーブルがいっぱいだったのでカウンターに通されたのですが、店内は女性のお客さんやカップルがほとんどで男性はやはり少なかったです。お店の中は騒がしくなく皆シャクシャクと氷を食べていました。

また、冬に行ったときは女性スタッフが1人で会計からかき氷作成まで担当されていたのですが、この日は女性スタッフ1名、男性スタッフ1名の合計2名で対応されていました。確かに満席+待ちの行列になるとさすがに1人でさばくには難しいと思います。

カウンターに置いてあった案内

IMG_20170909_162413

 

  • 先払いでお会計をするシステム
  • お冷やはセルフサービス
  • 混雑時は席つめの協力願い
  • 全力で削っておりますという宣言

全力で削ってますとのことで、しからば待とうという気になりますね。

『珈琲屋のティラミスVer.2』900円をオーダー

数量限定のゴールデンキウイが食べたかったのですが売り切れということで、今回は『珈琲屋のティラミスVer.2』というものをいただいてみました。バージョン2とありますので、これ、バージョン1がどんなだったか気になりますねえ。

レギュラーメニューは以下のような感じでしょうか。
『がるるミルク』
『珈琲屋のティラミスVer.2』
『ストロベリーフロマージュ
『塩キャラメルナッツ』
『抹茶ミルク』
『ずんだミルク』
あと期間限定、数量限定などがある模様。ホイップ+50円はいつでもやってるようです。
妻はこの日の限定、かどうかはわからないんですが『ヨーグルトレモネード』を頼んでいました。

「和の甘味」よりも「洋のスイーツ」な印象の濃厚な味わい

IMG_20170909_163654

写真左が『珈琲屋のティラミスVer.2』と右が『ヨーグルトレモネード』です。

ティラミスのパウダーはこれ、エスプレッソの豆を挽いた粉も混ざってるのかも。コーヒーの風味がしっかりありましたので、このあたりが「珈琲屋」といったところでしょうか。姉妹店のガルル珈琲のものを使っているのかな?

IMG_20170909_163615

パウダーのかかったホイップは非常に濃厚でティラミスと氷ってこんなに合うんだなーと驚きました。氷の削り方はアイスモンスターのようなふんわり系ではなくもう少しざくっとしたものでしたが、スプーンは入れやすくパクパクシャクシャクと食べることができました。これは和の甘味という従来のかき氷ではなく、洋のスイーツといった印象です。

ただ、やはりこのタイプの削り方と氷(純氷)の場合、溶けやすいみたいですね。エアコンの風にあたってどんどん溶けてきてしまいました。仕方のないこととはいえ惜しい!溶けた部分を飲んでみるとはカフェラテのような味わいに。いや、美味しいけど氷で食べたかったなーと。惜しい美味しさ。

妻が食べていたヨーグルトレモネードも一口もらいましたが、レモンとヨーグルト両方の酸味がしっかり主張していてこれまた美味しかったです。ティラミスが濃厚こってり系とするとこっちはさっぱり甘酸っぱい系の美味しさ。なんとなくですが、汗をかいたときにはこっちのほうが合うかもしれません。ティラミスは食後のデザート、おやつ的な楽しみ方かな。

お店データ
がるる氷 (GARuRu KO-RI)
所在地:〒530-0023 大阪府大阪市北区黒崎町5−15
時間:11時30分~19時00分
電話:06-6147-3606
Twitter https://twitter.com/garuru_ko_ri


関連記事
京都の超シンプルなかき氷のお店はこちら錦市場の和菓子店「麩嘉 (ふうか)」。近年の盛り盛り系とは逆のベクトルで突っ切っていてこれもまた良しです。

rmoq.hatenablog.jp