読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代会社員・藤子の行った、買った、考えた!

妻子あり30代サラリーマンの日常をちょっと豊かにするブログです

アイスモンスター(ICE MONSTER)グランフロント大阪店はスタンド席なら待ち時間10分以内だった!


スポンサードリンク

ゴールデンウイークの5月4日、グランフロント大阪7Fにあるアイスモンスター(ICE MONSTER)でマンゴーかき氷を食べてきました。アイスモンスターには初めて行きます。気になる待ち時間やかき氷の味について書きます。

ice-monster.co.jp

 

祝日でも12時ごろだと行列ほとんどなしで空いていた


5月4日祝日(みどりの日)、夫婦+赤子でお昼12時ごろにお店に行ってみたところ、テーブル席は混み合っていて待つが(それでも12時だとさすがに行列は少なく、3~4組待ち程度でした)、立って食べるスタンド席であればすぐ案内可能とのこと。

見たところ確かにスタンド席は空席が半分以上あり、あと6,7組はすぐに案内可能な様子でした。15時ごろのおやつどきだともう少し待ちそうですが、スタンド席は回転も速いでしょう。

IMG_20170504_130634

IMG_20170504_124916

テーブル席とスタンド席の違いは?待ち時間以外も色々ある

今回は抱っこ紐なのと待つのも避けたいということもあってスタンド席を選択しました。その際、説明を受けるのですが重要なのでリピート時の記録としても記載しておきます。

テーブル席…1人1品のオーダーが必要(昔は1品を数人でシェアするケースも多かったのでしょうか?)で、全メニューから選べます。

スタンド席…1人1品ではなくてもOK(夫婦+赤子で1品のオーダーOKでした)、ただしメニューは2種類の中からしか選べない(季節により選択肢は変わるのかも。今回行ったときはマンゴーといちごの2種類でした。テーブル席だと他のメニューもたくさんあるようでした。そして入れ物が紙製(大皿カップ)でテーブル席よりも少し量が少なく、その分価格も少し安くなっている。

はじめてアイスモンスターに行く人は定番のマンゴーかき氷が食べたいという人が多いと思いますし、2人連れなどでも行く人は多いでしょう。そうした場合、待ち時間、メニュー、価格を総合してスタンド席がおすすめです。値段は300円くらい安いようですよ。

スタンド席に入ることを店員さんに伝えると、注文を決めて引き換えとなる番号札をもらいます。そして先にお会計をしてから番号札とかき氷を引き換えます。

今回は初めてということもあり定番のマンゴーかき氷を食べてみました。マンゴーアイスを削った氷の他に杏仁豆腐とブロック状のマンゴーの果肉が入っていました。

写真アップします。

IMG_20170504_125555

IMG_20170504_125506

IMG_20170504_125540


ボリュームはスタンド席でも大人2人で1皿で足りた

量が少ないと聞いていたものの、1杯で1200円もするかき氷ということもあって大人2人でシェアする分には特に少ないとは感じない量でした。

マンゴーかき氷は台湾の屋台で食べて以来です。あのときは100元(400円弱くらい)で食べたっけなぁ。現地だととにかく安かったんですよね。

30代の大人2人だと必要十分な量でしたが、食べ盛りの中高生などだと分けると少し物足りないかもしれません。

氷はサクサクフワフワの食感で美味しい

味の方は全く問題なく美味しかったので、次もスタンド席でいちご味をリピートしてみたいと思います。まあテイストの感じはわかったので次に行くのはしばらく先になりそうですが…。

氷はサクサクしていてスプーンですくいやすく、食感もフワフワっとしていました。それでいて通常のかき氷のようにすぐには溶けないので、口の中でマンゴーの風味を存分に堪能できます。まさにあー、これこれ、という感じ。

杏仁豆腐とマンゴーブロックの果肉は普通というか、期待を超えてくれていなかった味でした。「この店ならでは」感がかき氷本体よりもなかったと言いますか、特徴的なものではなかったという印象です。

滞在時間としては最初の案内から完食までで30分はかからなかったかなというところです。テーブル席だとプラス30分は並ぶ時間でかかったと思います。

IMG_20170504_125638

総評

世界展開しているお店で味は問題なし!サクサクフワフワのかき氷が楽しめる
テーブル席とスタンド席の違いはメニュー、待ち時間などあるので注意
メニューは限られますが定番ものを食べたいならスタンド席が絶対おすすめ